島田製織株式会社

Navigate

history

島田製織株式会社は昭和4年から始まるテキスタルメーカーです。
長い年月で培った高い技術力と新しいデザイン力でMade in JAPANならではの
オリジナリティに溢れクオリティの高い生地作りを目指しています。
昭和4年 嶋田光保、兵庫県西脇市多可郡重春村和田町に嶋光工場を設立。
織布業を始める。
昭和21年 多可郡黒田庄町に嶋光工場黒田庄工場を設立。
昭和25年 社名を島田製織株式会社とし、嶋田重太郎が社長就任。
昭和34年 和田町本社を商事部門として独立する。
黒田庄工場は撚糸を始め、島田製織撚糸部とする。
平織、ドビー、ジャガードのシャツ地など薄地織物を海外向けに生産(北米中心)。
昭和60年 本社機能を西脇市野村町に移転、国内向けの、生産比率が増えてくる。
生産数量が最も多い時期。
平成8年 嶋田幸直が社長就任。
平成18年 東京オフィス設立、製品OEMを手がける。
平成19年 企画室を設立、企画開発力を充実させる。
100番単糸の先染め等、当時では他に無かった素材開発を始める。
平成20年 他産地連携など新しい試みでアウター地のウェイトが増える。
この頃から細番手高密度の先染め生地が弊社の得意素材として認知されていく。
  現在へ至る。

昭和47年、
約40年前の企画ノートです。

設立時からのストック、今でもヒントを与えてくれます。

極細糸100番単糸。
驚くほど薄くて繊細。

西脇で織った綿麻素材を
麻産地の滋賀で加工。